ABOUT

麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器

History of Arita

Approximately 400 years ago, Japan’s first white porcelain was born in Arita, Saga, in the North-Western part of Kyushu Island. It is said that Yi Sam-pyeong (Sanbei Kanegae) from Korea handed down expertise and skills to his disciples.
Decades later, the Dutch East India Company (VOC) started exporting Arita porcelain under the name of “IMARI” from Nagasaki.
Admiring Kakiemon and Ko-Imari, European royalties and aristocrats decorated their palaces with them. IMARI inspired the birth of European porcelain including Meissen.
During the Edo period (17th to 20th century), Arita porcelain kept developing and undergoing various changes and around 150 years ago, the Nabeshima Domain exhibited it at the Exposition Universelle in Paris. Arita Porcelain gained popularity there and received the Grand Prize. Since then, Arita porcelain was sent to various exhibitions in Europe and the United States and entered into the golden age again in the Meiji era.
Taking it’s 400th anniversary in 2016 as an opportunity, Arita porcelain has been taking on new challenges to once again spread it’s wings around the world.

 

有田焼の歴史

今から約400年前、日本で初めての白い磁器が、九州の北西部、佐賀県有田の地で誕生しました。朝鮮渡来の李参平(金ヶ江参兵衛)によるものと伝えられています。 数十年後には、長崎からオランダ東インド会社を通じ、「IMARI」の名で、海外への輸出が始まります。柿右衛門や古伊萬里は欧州の王侯貴族に愛され、彼らの生活を彩ります。この「IMARI」はマイセンなど欧州磁器誕生のきっかけともなりました。 江戸時代、幾多の変遷を経ながら発展してきた有田焼は、今から約150年前の幕末、鍋島藩によってパリ万博へ出品されます。そこで人気を博した有田焼はグランプリを獲得。これを嚆矢として、欧米の万国博覧会へ積極的に出品し、再び、明治期に黄金時代を迎えます。 そして、2016年の創業400年を機に、有田焼は再び世界へ飛躍しようと新しい挑戦を始めています。


麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器

The Birth of Lin collection

“The 400th anniversary is approaching soon and we still have not come up a suitable product.” I felt pressed preparing for the upcoming anniversary of Arita porcelain. Just then, a piece of news caught my eye and I learned that Nambu ironware is popular overseas. This gave me an idea of producing a product that can compete in overseas markets and I took action immediately. With the generous cooperation of many people and after countless rounds of trial and error, Lin, an unprecedented, wonderful and unique porcelain was finally born.
The name “Lin” was born from its likeness to a metallic sound while paying homage to the master artist “Linzo Kaneko,” a renowned Akae porcelain painter, who was active at the forefront of Arita in the early 1900s (from the Meiji to the Showa era). He built the foundation of Kinshodo with his outstanding craftsmanship and visionary design, winning many first prizes at a number of competitive exhibitions.
The brand “Lin” is a homage to Linzo, our ancestor.

 

麟 -Lin- シリーズ 誕生

そのとき私はかなり焦っていました。「有田焼創業400年は間近に迫っているのに、なにも売りになる商品ができていない」と。そんなときに、たまたまテレビで見た「南部鉄瓶が海外で大人気」とのニュース。「なにか有田焼でも海外で勝負できる焼き物ができないものか」と考え、すぐに行動に移しました。いろんな人が惜しみなく協力してくれ、試作を幾度も重ねた結果、今まで見たこともなかった磁器、「麟( Lin)」が誕生しました。 「麟」の名前は、金属的な音の響きと、明治から昭和にかけて活躍した有田焼の赤絵師「金子麟蔵」から一字をもらいました。彼は品評会で何度も1等を受賞するなど、卓越した職人技と先見性に富んだデザインで金照堂の礎を築きました。
「麟 -Lin- 」はわが先祖「麟蔵」へのオマージュを込めたブランドなのです。


麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器
麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器

Scenes from our kiln and studio

Lin collection is individually produced in Arita with care. They exist thanks to Arita’s 400 years of accumulated techniques and owe who they are to Ko-Imari ware, Kakiemon ware and Nabeshima ware. Had we not been in Arita, we might not have invented the Lin porcelain line.

 

窯場の風景

「麟(Lin)」シリーズは有田の窯元によってひとつひとつ、大切に作られています。400年の間、営々と続いてきた有田焼の技の積み重ねの上に成り立っています。 「古伊萬里や柿右衛門、鍋島があったからこそできた」といえます。「麟 -Lin-」は有田でなければ生まれなかったブランドかもしれません。


麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器
麟 lin Lin 有田焼 金照堂 kinshodo  非日常の上質な器

Craftsmanship

Countless rounds of trial and error lead to Lin’s metal-like look, unique texture, and magical colors, which change color depending on the viewing angle. However, the manufacturing process is a very traditional one. Many years of Akae porcelain painters’ craftsmanship breathes life into the unique materials.

 

職人の技

とても磁器とは思えないメタリック感。独特のテクスチャー。見る角度で色を変える幻想的なカラーリングは、いくつもの試行錯誤の上にできあがった、ひとつの到着点。 しかし、その製作プロセスは伝統技法そのもの。長年培ってきた赤絵職人の技が、クセの強い素材を生かします。